よくあるご質問

トップページ > よくあるご質問

入所をご検討中のご家族の方へ

  • 入所までの流れ
  • よくあるご質問
  • 資料請求・見学のお申込み
  • お問い合わせ

介護老人保健施設 あすなろ

〒737-2132
広島県江田島市江田島町
江南1丁目24-12
TEL:0823-42-1122
FAX:0823-42-1766

周辺マップ

利用ができる方はどういった方ですか?

介護保険制度にて運営していますので介護保険が適用される方が対象です。24時間365日休みなく運営しているいわゆる入所型の施設です。
具体的には要介護1から要介護5と認定された方なので原則は65歳以上の方ということになります。
また入所中の方でも介護認定の更新で要支援、もしくは自立と認定された場合は利用不可となり退所扱いとなります。
施設によっては何らかの方法で受け入れるケースもあるかもしれませんので当該の施設に確認することをお勧めします。
また、特定疾患に認定された40歳から64歳までの方も利用は可能です。
認知症の有無は特に問いません。但し、ある程度の規模の施設になると集団生活の側面は少なからず発生するでしょう。
そこで他の利用者の方々に危害や迷惑をかけるような行為等のある方は入所を御遠慮いただくことがあるかもしれません。
施設の契約書、約款で謳ってあるはずなのでこれも当該の施設に確認をしてみましょう。

入居できるケースとできないケースを教えてください。

「認知症」「胃ろう」「インシュリン」「ペースメーカー」「尿留置カテーテル」など、介護度が重い方でもご入居可能です。
(状態によっては、ご入居が難しい場合もございますので、詳細はご相談ください。)
「気管切開」「人工呼吸」「夜間痰吸引」「持続点滴」など、24時間医療行為が必要な場合は、ご入居を原則お断りさせていただいております。又、場合により、病院等のご紹介をさせていただきます。

どのようなことを行うのですか?

介護老人保健施設はリハビリテーションを中心とした医療サービスを提供し、在宅復帰を目的としています。
このため、看護師、介護職員に加え、医師、理学療法士、作業療法士等、リハビリテーションに特化した職種も配置しています。
その他に、施設内での日常生活に必要な食事、入浴、排泄、レクリエーションなどの支援や介助を行っており、(管理)栄養士、支援相談員、介護支援専門員(ケアマネージャー)など、多職協働でご利用者のニーズに応えております。
また、退所後の在宅での生活に支障がないよう、担当のケアマネージャーなどと連携し、ご家族も含めた生活全般にわたる相談援助を行っております。

いつもの先生に診てもらいたいんですが可能ですか?

原則として介護老人保健施設に入所されている方の日常的に必要な診察や投薬などの医療に関しては施設の医師が担当することになっています。これらの医療に関する費用(医療費)は施設サービス費に含まれていることとなっており、保険請求はできないことになっています。以上の理由で一部の例外を除き、入所期間の間は他の医療機関に往診に行ったり、薬をもらうことはできないことになっています。
では、一部の例外については、簡単に説明すると介護老人保健施設での治療が提供困難な場合です。例えば、歯科とか眼科、耳鼻科など施設の設備では対応ができないような特殊な治療を行う場合が該当します。これ以外にも幾つかの診療科目で、その診療内容によっては他科受診が認められています。

特別養護老人ホームとの違いを教えてください。

65歳以上の方が入居要件であるところはどちらも同じですが、常時の介護が必要な方、かつ自宅での生活が難しい方が対象となります。同じように見えますが、終身に渡っての援助を行うのが特別養護老人ホーム、これとは反対に在宅に戻って生活をするために必要なリハビリを実施するところが介護老人保健施設ということになります。

このページのトップへ戻る